なぜ留学という選択肢を選ぶのか?|セブ島留学・フィリピン留学なら、ホテル内の語学留学スクール KIRIHARA Global Academy

桐原グローバルアカデミー 留学説明会 開催中!

留学コラム

  • なぜ留学という選択肢を選ぶのか?

    留学したいと思っている方へ質問です。留学を考えた理由は何ですか??

    自分の住みなれていない外国での生活は、のちの人生においても役に立つ貴重な経験を得るチャンスになるかもしれません。では、留学に行く人はどんな目的を持って海外へ行くのでしょうか。

    その理由についてのアンケートを取ってみたのでその結果を見ていきます。

    【質問】
    留学したいと思っている方へ質問です。留学を考えた理由は何ですか?
    【回答数】
    語学習得:40%
    人生経験:44%
    やりたいことを見つける為:5%
    現実逃避:8%
    その他:3%
  • 異文化に触れることによって得られる新発見

    最も多かった理由は人生経験のためで、僅差で二位となったのが語学習得のためという結果になりました。それではまず、人生経験のためという人の意見を見ていきましょう。

    • ・留学先では母国と違って文化的に根ざした言葉があふれています。否応なく触れることで価値観の違いも学べ、経験になると思います。
    • ・ずっと日本国内で生活をしているよりも、海外へ行って外の世界でしか見られないという経験をしてみたいからです。
    • ・日本で会える人、留学先だから会える人がいると思います。色んな人に出会い色んな人の考え方生き方に触れたいと考えたからです。

    海外の国々での生活は、言語が違うのはもちろん、文化も全く違うので、価値観や考え方も全く異なるものになっていることも少なくはありません。なので、そうした考えに触れることで、人間的に一回りも二回りも成長できる可能性があり、さらには、異なる文化から見て初めて分かる母国日本の良さもあります。そうした新しい発見をするためというのが最も多い理由でした。

  • 日本語以外の言語を話せる環境に行く意味

    一方で、語学取得のためという人の意見は次のようなものでした。

    • ・日本で英会話教室に通うよりも、現地でのコミュニケーションで覚えるほうが、習得が早いと思います。
    • ・英語を勉強したいと思って、留学なら嫌でも英語が入ってくるし、日本語が使いにくい状況なので自然と覚えると思って。
    • ・グローバル社会が今後進んでいく未来を見据えると、日本語以外の語学ができたほうが活躍できると思いますから。

    グローバル化が進む中、日本語以外の言語を話せるようになることは、ますます必要になってきています。留学してしまえば、嫌でもその国の言語(もしくは英語)で話すことになります。そうすると、自然とその言語が身についていくので、結果的には大きな効果を得られるかもしれないのです。

  • 留学をすることによって得られるもの

    留学するということは、広い世界に目を向けるということです。多種多様な文化に触れるという経験は将来役に立つ可能性は大いにあるといえそうです。

    もちろん、いくつもの言語を話すことができれば、ビジネスにおいても有利に進めていくことができますし、ビジネスでなくても、その経験は何かしらに活用されていくことでしょう。それが、留学をすることの理由なのでしょう。

    • ■調査地域:全国
    • ■調査対象:年齢不問・男女(社会人)
    • ■調査期間:2014年12月24日~2015年1月7日
    • ■有効回答数:100サンプル

留学相談・お問い合わせはコチラから

ページの先頭へ戻る