よくあるご質問|セブ島留学・フィリピン留学なら、ホテル内の語学留学スクール FEA

ハイグレードの英会話留学 リゾートアイランドのセブ島へ

よくあるご質問

費用について

Q1お支払い方法はどのようにすればよろしいでしょうか?
A1銀行振込でお願い致します。
Q2領収証を発行出来ますか?
A2お振込時に発行される振込明細を領収証とさせていただきます。振込明細以外で領収証をご希望の方はご相談下さい。
Q3フィリピンへの留学の際、ビザとSSPの申請はどうすれば良いでしょうか?
A3入国の際に、空港で30日間滞在できる観光ビザを取得できますので、日本で前もってビザを取得されなくて大丈夫です。30日を超えて滞在される場合は、滞在の延長手続きが必要となりますが、当スクールで代行手続きを行います。ご安心下さいませ。SSPとはフィリピン国内で合法的に勉強をするために必要な物です。SSPを受けないで留学し、フィリピン当局の摘発を受けますと罰金が科せられ、国外追放処になってしまいます。現地で入校と同時にSSPを申請していただければ問題ありません。手続きは当校で担当させていただきますので、ご安心下さい。ご自身でパスポートと顔写真3枚(5cm×5cm、カラーで背景が白のもの)が必要となりますのでご用意お願い致します。SSPの取得費用は現時点では約¥15,600となります。(SSP取得費は今後フィリピン政府により値段が変更される可能性がございます)
Q4フィリピンペソへの両替はどうすれば良いでしょうか?
A4日本円をフィリピンへ持ってきて、現地で両替することをお薦めします。空港での両替はレートがあまり良くないです。そのため、当校の近くにある両替所をお薦めさせていただきます。
Q5携帯電話は現地で購入した方が良いでしょうか?
A5日本から携帯電話を持参しますと日本の携帯電話や一般電話への通信料が高額になります。長期間、留学される方は現地で携帯電話を購入することもよろしいかと思います。現地で購入する携帯電話は2000円~5000円です。
Q6海外保険に入りますとどのような利点がありますでしょうか?
A6海外保険は現地で病院に行く時にキャッシュレス(無料)で診察を受けられる利点、航空機の遅延保険、カメラや航空券等の携行品の損害に対する保険等多くの保証が付いています。当校では海外保険への加入をされるようお薦めしております。
Q7留学先ではいくら位お金が必要でしょうか?
A7どのようなスタイルで生活されるかによって異なってきます。通常の生活における物価は日本の1/3~1/5位です。

英語力について

Q1英語が全くしゃべれないのですが大丈夫でしょうか?
A1当スクールではマンツーマンレッスンを中心としておりますので、個人個人に合った勉強の進め方でカリキュラムを組ませていただきます。講師も全員がホスピタリティに溢れたフィリピン人です。ご安心下さい。
Q2英語は短期留学でも十分に練習出来て上達しますか?
A2当スクールで提供させていただきます英語レッスンを1週間全て受講しますと、1週間で1800分授業です。日本で週1回40分レッスンの英会話スクールに通う量の約1年間分となります。十分な上達が可能な環境を作る事が出来ます。
Q3フィリピン人の英語の発音は問題ないでしょうか?
A3フィリピン人講師に英語を習う日本人はここ最近で急増しています。理由はフィリピン人の英語はネイティブに非常に近い為です。イギリス、アメリカに次いで3番目に英語を話す人が多い国です。特に当校の当スクールの講師は全員が講師歴5年以上、もしくは英語教授修士号取得者に特化しており、十分な経験と研修を受けてきている為、自信を持ってお薦めさせていただきます。ご安心下さい。フィリピン人の英語発音サンプル

留学相談・お問い合わせはコチラから

カリキュラムについて

Q1最短ではどの位の期間から留学が可能でしょうか?
A1コースとしては1週間からのお申込みとさせていただいておりますが、旅行にいらして、数日のみ英語を勉強したいという短期間での授業をご希望の方もご相談させていただきます。お気軽にご相談下さい。
Q2どの位、前に予約をした方が良いでしょうか?
A2なるべく早めにご予約をされた方が良いと思います。遅くても1カ月位前に予約されることによって、セブに滞在する際の準備も出来ると思います。直前のお申込みでも宿泊施設の状況次第ではご相談させていただけますので、お問い合わせいただければ幸いです。
Q3現地で留学期間の延長の申し込みは可能でしょうか?
A3宿泊施設の状況を確認しながらご相談させていただきます。お気軽にお申し出下さい。
Q4現地への到着曜日の指定はありますでしょうか?
A4月曜日に授業を開始でお薦めさせていただいておりますので、日曜日に到着がよろしいかと思います。月曜日以外からの授業を希望される方にも対応させていただきますので、お気軽にご相談下さい。
Q5門限はありますか?
A522:00までにホテルへ戻るようにして下さい。
Q6土曜日、日曜日以外で授業がお休みの日はありますか?
A6フィリピン及びセブの祝日 と年末年始で定められた祝日は授業がお休みとなります。祝日対応としての返金はありませんのでご了承下さい。祝日は午後に英語の勉強方法を学ぶセミナーを行います。
Q7学校での勉強が終わりましたら卒業証書等はもらえるのでしょうか?
A7授業の最終日に修了証書をお渡しさせていただきます。

現地について

Q1空港からホテルまでの送迎サービスはありますでしょうか?
A1空港でお客様のお名前を記載したカードを持ったスタッフがお待ちしております。空港からホテルまで送迎させていただきます。
Q2日本から持って行く家電製品は使えますでしょうか?
A2日本で使われている電圧は100Vでフィリピンは220Vです。海外対応の電気製品は、そのまま使えますが、それ以外の電気製品を使用される場合は、変圧器をご持参下さい。
Q3インターネットは使えますでしょうか?
A3滞在されるホテルでご利用いただけます。当スクールが使いますホテルでは宿泊部屋とロビーで無線Wifi利用が可能です。セブ市内のスターバックスやモール等でも無線のWifiが使える環境です。
Q4宿泊と勉強をするホテルはどういう所にあるのでしょうか?
A4近辺には多くのレストラン、銀行、モールがあります。ホテル周辺は治安が良く、セブ内ではとても安全なエリアです。
Q5貴重品等の管理はどうすればよろしいでしょうか?
A5貴重品につきましては、お客様ご自身で管理していただきますようお願い致します。ホテルのフロントに預ける事も可能です。
Q6病気にかかった場合はどうすれば良いでしょうか?
A6当校での担当医師がおりますので、まずはスタッフにご相談下さい。担当医師がまずは対応させていただきます。また近くには総合病院があります。こちらの病院では日本人スタッフがいますのでしっかりと診察を受けていただけます。念のために必ず海外保険に加入されて下さい。
Q7現地での移動や観光の際の手段はお薦めがありますでしょうか?
A7ジプニーでの移動よりもタクシーでの移動の方が安全です。タクシーをご利用される場合は乗車する前に運転手へメーターを利用してもらう事をしっかりと伝えましょう。タクシーの初乗り料金は40ペソ(約92円)と安いので、タクシーを使われている日本人の方が多いです。
Q8現地には日本人の方達は多くいらっしゃるのでしょうか?日本人が少ないと不安があります。
A8今まで多くの日本人の方達が語学留学、旅行等でフィリピンへ訪れています。セブに永住している日本人は1500人強、住んでいる日本人は3000人強です。特にセブは観光地として日本人に大変人気がある場所で、ここ最近はセブに来られる日本人の方が増えています。ご安心して充実した時間を過ごされて下さい。

留学相談・お問い合わせはコチラから

持参物について

多くの物は現地のセブで購入可能です。日本から持参すべきもの、持参した方が良いものです。

留学準備やセブ現地情報については、『俺のセブ島留学 (FEA卒業生の方が運営)』が参考になります。

持参すべきもの

  1. パスポート(滞在期間+6カ月分のパスポートの残存期間が必要)
  2. 航空券(フィリピンでは必ず出国用のチケットも必要となります)
  3. 現金
  4. 海外旅行保険証
  5. 顔写真3枚(5cm×5cm、カラーで背景が白のもの)
    ※必要枚数は留学期間によって変動・・・5~8週間→4枚 9~12週間→5枚
  6. パスポート顔写真ページのカラーコピー1枚&白黒コピー6枚(合計7枚)

持参した方が良いもの

  1. クレジットカード
  2. 国際キャッシュカード(新生銀行もしくはスルガ銀行のカードがお薦めです)
  3. ノートパソコン
  4. 変圧器(フィリピンは220ボルトの60ヘルツです。プラグは日本と同じAタイプが一般的です)
  5. スマートフォン
  6. 電子辞書
  7. 筆記用具
  8. 虫よけスプレー
  9. 常備薬一式
  10. 日焼け止め
  11. 生理用品
  12. 長袖の洋服(暖かい気候ですが、施設の中ではエアコンが効いているためです)
  13. デジタルカメラ
  14. ドライヤー
  15. 目覚まし時計
  16. スリッパ

セブでの注意点

治安について
セブ島の治安は、他のフィリピンの地域と比べ安定しているといえます。通常の行動を行っている限りは危険に直面することはないと考えていただいても大丈夫です。しかし安心して油断をしていると、思いがけないところで犯罪に遭遇してしまうこともありますので、常に注意はしておきましょう。特に深夜の1人での行動は気をつけられて下さい、現地では日本人はお金持ちだというイメージでひったくり等に会うケースも出てきてしまいます。治安が安定していても、外国であることに変わりはありません。日本ではなく海外にいる事を常に頭に入れて行動して下さい。
タクシー、レンタカーについて
ホテルの車や旅行会社で手配した車は安心ですが、ご自身でタクシーを利用される際には注意が必要です。乗車したときに行き先をしっかり伝え、料金を確認しましょう。メーターを使うのか。使わない場合は、いくらかかるのかを車が動き出す前にしっかり確認しましょう。ドライバーには出来るだけメーターを使うようにしてもらう事がお薦めです。気持ちよく旅行を過ごすためにも気をつけましょう。
薬物と銃器について
セブ島では覚せい剤などの薬物や銃器が日本よりも簡単に手に入ります。薬物や許可のない人の銃器所持は重罪です。場合によっては死刑になることもあります。帰りの空港などで人のよさそうなフィリピン人に荷物を預かってもらうように頼まれることがあるかもしれません。本人は荷物が多すぎて追加料金がかかってしまうと言って頼んできますが、断るようにしましょう。荷物の中に麻薬や銃器が入っていると大変な事になります。同様に現地で親しくなった人間などに日本の友人への荷物などを頼まれることがあっても、しっかりと中身を確認するまでは預かるのを避けましょう。
スリ、置き引きについて
スリ、置き引き等の軽犯罪は多いです。貴重品はホテルに預け、必要以外の現金や貴重品は外出時には持ち歩かないようにしましょう。外国であることを常に頭において行動して下さい。
伝染病について
東南アジアに位置するセブ島では、どうしても蚊やハエなど、伝染病をもたらすおそれのある虫が多くなります。特にデング熱やマラリアといった風土病は恐ろしい病気です。虫刺されの薬と虫除けのスプレーなどは現地でも手に入りますが、できれば日本から持参しましょう。虫除けスプレーをすることも大事な事です。また、蚊取り線香を持参するのも良い方法です。寝る前にお部屋の中で10分間焚くだけで、蚊に悩まされない一晩の快適な眠りを得ることができます。東南アジア特有ですがフィリピンでも狂犬病に感染している犬や猫にかまれると大変ですので、出来るだけ犬や猫には近づかないようにしましょう。もし犬や猫にかまれた場合はすぐに当校の担当医師への相談をして現地の病院で診察を受けましょう。予防接種に関してはご自身での判断をされて下さい。
飲み水について
セブ島の水道の水は飲めないとお考え下さい。ホテルの水道の水も飲まないようにしましょう。また、レストランで出される水も気を付けましょう。ミネラルウォーターは売店、レストランなど、どんなに小さなお店でも購入できるので、ミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

ページの先頭へ戻る